我々神戸大学ラグビー部は、IRB(International Rugby Board)が提供するラグビーの価値に基づいて我々自身が考えるラグビーの価値があります
 その意図として、我々自身がラグビーの良さについて再認識し、今後のラグビーに対する情熱を高めるためまた、多くの人にラグビーの良さについて理解していただきたいというものがあります。

 

 

我々神戸大学ラグビー部は、ラグビーを通して『神戸MAN』になることを目指します。
神戸MANは、情熱・品位・規律・結束・尊敬の5つの要素を持つ人間のことです。その先として就職先においてもこの精神を活かせることを信じています。

参照:World Rugby

・結束力がある

One for All, All for One

ポジションごとに役割があり体の大きさ問わずだれでも楽しむことができる

コンタクト、ラン、キック、スクラムなどさまざまな要素がある

ノーサイドの精神 

などこの他たくさんの価値があります。

ラグビーはオンフィールド、オフフィールドにおいてもチームのメンバーを人として成長せてくれるスポーツです。確かに、ラグビーは激しい体のぶつかり合いがあり苦しいと思うことがあります、しかし、その中で15人の出場選手だけでなく試合に出ていないメンバーやスタッフ、コーチの支えを親身に感じることができます。このようにチーム一人ひとりを信じ自分のするべきことをこなすことによって結束力、協調性、仲間や相手を尊敬することなどを養うことができるスポーツはラグビーしかありません
またフィールドにおけるルール、チームにおけるルール、戦術の理解などを通じて規律を遵守します。そして何よりラグビーは人を熱くさせるスポーツです。
百聞は一見に如かずです、ぜひ一度ラグビーを体験、あるいはラグビー観戦をしてみてはいかがですか!?

※神戸大学ラグビー部 試合日程&予定表